組合馬主って・・・難しいですね
みずほ証券のジェイコム株買取価格も決まって手続きも終わり、
ジェイコムの株式の売買も再開されましたね。
そこでびっくりしたのはUBSなんかが今回の利益を還元するとか
言ってること・・・外資系なのによく応じたなと。
日本的だな~と感心しちゃいました。

この話題はこれくらいにして・・・
今日お客さんと競馬の話題で盛り上がっていたら実は「組合馬主を
考えてるんです」と相談を受けました。
でも組合馬主って難しいですよね。

地方競馬組合馬主の基準は?
1. 競馬の公正確保上問題のない者であること
2. 年間所得金額が300万円以上あること
3. 組合財産として300万円以上の定期預金があること

これだけ見ると簡単そうなんですが代表権は大きな問題ですね。
出走競走の決定等で組合員間での意見の相違が発生した場合の
調整をどうするかは大きな問題です。
お金がかかる話なので見知らぬ人同士では「組合」を作るのは
そう簡単なことではないと思います。

そういう意味で組合馬主になっておられる方、その代表になって
おられる方はスゴイですね。
かと言って某クラブのやってる組合馬主みたいにすると、一口馬主
とほとんど変わらないですから・・・
(一口馬主でも口取り可能になってますし)

そこでイロイロ考えたんですが、競走馬を一旦佐賀競馬が買って、
組合になってもらえる人を佐賀競馬が募集してみるとかどうでしょ?
募集するのが佐賀競馬なら安心感はあるでしょうし参加はしやすく
なるのではないかと思います。

当歳とかだと稼いだ時に「南関に移籍させたい!」とか組合員が言い
出した時難しくなるので、中央未勝利の馬とか安く募集したら初めて
馬主になった人もしくはなる人には受け入れてもらえそうな気がする
んですけど・・・駄目ですかね?

そうやって馬主になる人を増やすこともそうですし、なんかイロイロ
地方競馬も考えないと!

by pipisukekun | 2005-12-15 00:58 | 馬主
<< ポポの次走 みずほ証券の誤発注についてその2 >>