サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

3月収支
もう月末ですね~ってことで3月の請求書がきましたよ。

<収支>
3月収支  +260,355円

<収支合計>
トータル ▲1,113,228円

ブラックジャッジの輸送費や岩手の馬主会の入会金と
年会費込みの数字です。
それでもポポとプライマルが稼いでくれたのでプラス
になりました・・・まだトータルマイナスですけどね。

4月と5月は佐賀にいるポポとプライマルは1回づつしか
走れませんけど、頑張ってもらってマイナスにならない
ように稼いでもらいましょ!
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-30 23:03 | 馬主
調べてみました
以前このブログで他場から岩手への移籍について・・・

「名古屋&笠松みたいに出走手当てがソコソコあって、たくさん
出走できるところがあると、そこで数使って直近20走の賞金を
無理やり落として岩手へ・・・ってことが可能です。」

って書きました。
これは某馬主さんから聞いた話なんですが、特別開催が終わって
成績が出たところで、実際そうやってる人がいるか検証してみました。
下がこの前の特別開催の出走予定転入馬の数です。

中央→岩手・・・10頭
道営→岩手・・・0頭
金沢→岩手・・・1頭
名古屋・笠松→岩手・・・24頭
南関東→岩手・・・5頭
園田・姫路→岩手・・・5頭
福山→岩手・・・1頭
佐賀・荒尾→岩手・・・3頭  ← ブラックジャッジはココ
高知→岩手・・・0頭

やっぱり名古屋&笠松からの移籍馬って多いですね。
これ全部とは言いませんが相当数が上記の考えのモトに
馬を動かしていると思います。
ではこの名古屋&笠松からの移籍馬の成績を調べると・・・
4-3-3-12 となっています。

勝率18.2%連対率31.8%は立派な数字ではないでしょうか?
まぁ勝った馬にはB1の馬もいて、「出走回数を稼いでクラスを
落とした」とは言えない馬もいますけどね。

あと岩手は出走手当と預託料のバランスがよく、特にC3に丈夫
な馬を入れて数使えば入着しなくても採算が合うので、その点
から考えれば、例え成績はあがらなくても「名古屋や笠松で・・・」
ということは馬主経済的に考えれば有効な方法の一つと言える
のではないでしょうか?

当然リスクもあります。
馬を動かすのもコストがかかりますし、移籍前に東海地区で
移籍後に岩手で数使うことに関しても馬の故障というリスクと
隣り合わせです。

錬金術のようにお金が増えるなんてことがあるはずもないので
「こうすれば必ず上手くいく」って方法はないわけですが・・・
ただ一つの選択肢にはなりえるとデータを見て思いましたが、
みなさんはどうお考えですか?

でも新米馬主のぴぴすけにはまだ東海地区に信頼できる
調教師さんがいません。
馬は生き物ですし、まして遠くて見に行けないのですから、
よほど信頼できる調教師さんでないと大事な愛馬を預けら
れないからこの方法はとれないですね。

それになにより馬主は趣味ですから馬主経済よりも、
愛馬に会えること、人とのつながりできることを
優先させたいです(馬主経済破綻させない前提ですが)
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-28 23:43 | 馬主
ブラックジャッジの岩手デビューは5着
ブラックジャッジの岩手デビュー戦は5着でした。

ライブ映像で見ていたのですが、今日の水沢競馬場の
天候は曇り、馬場は良馬場でした。
注目のブラックジャッジの馬体重は438kgで▲8kg
馬体重は減ってしまいましたが、まぁ想定の範囲内。

前にも書きましたが2月に体調崩して、しかも長距離輸送して
盛岡についたときは相当馬体重減ってたハズですから、
厩舎のみなさんが努力してくれたおかげでこのくらいのマイナス
に収まったと思ってます。

パドックでは物見が激しかったブラックジャッジ。
まぁ初めての水沢競馬場ですから仕方ないかな・・・
そんなブラックジャッジは単勝8番人気。
1番人気は10番のマチカネダイキチ。
2番人気は2番のグレーシャスロードです。

中継見てたんですが、輪乗りの中でブラックジャッジの姿なし。
どこに行ってたんだろ・・・と思ってたらスタートの時間でした。

慎くんタイミングバッチリの好スタート。
でもそこから前にいけないブラックジャッジ・・・
やっぱり後ろからの競馬になりましたね。
1コーナーでは後ろから2頭目になっちゃいました。

先頭にたったのは草地(神)騎手のページェントルイ。
そのあとをグレーシャスロードがおいかけます。
そのまま2コーナー、3コーナー・・・
その間慎くんはブラックジャッジを追いっぱなしです。

やっと進出開始したのが3コーナー過ぎで、4コーナーで
1頭かわして8番手に上がっていざ直線。

先頭は逃げるページェントルイ、グレーシャスロードは
離されて逆にマチカネダイキチが迫ってくる・・・
マチカネダイキチが2着にあがったとこがゴールでした。

ブラックジャッジは結局5着、掲示板は確保しました。
最後まで慎くんが追ってくれてまずまずの伸び。
まぁはずかしくない競馬はできたと思いますが・・・
馬券買ってくださったみなさんスミマセン。

勝ちタイムは1.23.7、ブラックジャッジは1.26.2。
チョット話されすぎですが・・・まぁ仕方ないでしょう。

このレース見て思ったのは距離は長い方がイイですね。
あと・・・やっぱり前にいけないのが問題です。
「かかるくらいだから前にいかせたい」との事前の話だった
のですが、やっぱり前にいけないのは・・・何のせい?

気性的な問題なのか、能力的な問題なのか・・・
ポポの例のあるので、騎手の乗り方で前にいけるようなら
イイのですが、そうでなければ矯正具とかも徐々にかつ
イロイロ試してもらおうと思ってます。

次走に期待です!
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-26 14:39 | 馬主
ブラックジャッジは6枠6番
2006年3月26日(日) 岩手 第5競走
ダート 1300m(右)12:55発走 C2

01  ファストハーブ 沢田盛
02  グレーシャスロード 葛山晃
03  アマミハヤテ 村上忍
04  マイネパトリシア 村松学
05  ページェントルイ 草地保
06  ブラックジャッジ 大坪慎
07  トガミイチヒメ 菅原順
08  ダンストンエイブル 板垣吉
09  ナンヨーマンボ 菅原雅
10  マチカネダイキチ 小林俊

いよいよブラックジャッジが岩手デビューです。
枠は・・・6枠6番になりました。

前述の通りトガミイチヒメ、ファストハーブ、グレーシャスロード、
マチカネダイキチあたりが人気になるのでしょうか?
でも正直力関係はよくわかんないですね。
ブラックジャッジが何番人気になるのか見当もつかないです。

こういうときはブラックジャッジ自身の話を・・・
まず体調ですが飼い葉の喰いもよく体調はよいようです。
まぁ一旦体調壊して楽させた分100%とはいかないでしょうが、
そこそこ仕上がっているそうです。
これに関しては小笠原厩舎のみなさんに感謝。

c0000543_23375760.jpg

↑ATOMUさんに撮ってもらったブラックジャッジ

佐賀では前に行けずに後ろから競馬していたブラックジャッジ
ですが、稽古ではかかるくらい前向きだそうです。
だもんで・・・行けたら前で競馬してもらうようお願いしました。

メンバー見ても前に行きそうな馬がいないので、もしかしたら
佐賀では見れなかった「逃げるブラックジャッジ」が見れる?
佐賀と違って前に行ったら有利ってわけでもないみたいですが、
まぁ前に行きたがるのを無理に引っ張ってもしょうがないですし。

あとはスタートを決めてくれるかどうかと、どの位置につけて
どこで追い出すか・・・まことくんの騎乗に注目です。

c0000543_23431723.jpg

↑ATOMUさんに撮ってもらったBJとまことくん

だれかさんに「岩手では最初で勝負にならなかったらダメ」と
脅されているので・・・明後日は頑張って欲しいです。
そのためにもまことくんよろしくね!
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-24 23:25 | 馬主
ブラックジャッジ始動
今週末も佐賀競馬は開催されますが、ポポとプライマルの
出走予定はないのでぴぴすけにとっての17年度佐賀競馬は
終わりました。

そんな中・・・いよいよ岩手でブラックジャッジが始動です。

3月26日(日)第3日目 第5競走
サラ系C2 水沢競馬場ダ1300m

ナンヨーマンボ
アマミハヤテ
マイネパトリシア
ラックオンデマンド
ページェントルイ
ブラックジャッジ
グレーシャスロード
ダンストンエイブル
マチカネダイキチ
トガミイチヒメ
ファストハーブ

一番実績があるのはトガミイチヒメですね。
地方での獲得賞金は1,186万円、去年は岩手でB1クラスで
走っていてダ1400m持ちタイムは1:27:3ですから速い!

ファストハーブも地方獲得賞金が540万円、去年はB2クラスで
走っていてダ1400m持ちタイムは1:27:4ですから格上です。

グレーシャスロードも去年C1クラスで持ちタイム1:27:4。
マチカネダイキチも地方デビュー後2連勝した後差のない3着で
まだ底を見せていない馬です。

いや~やっぱり岩手の馬は強いですね。
この馬達に勝負するのは正直キツイな~というのが印象です。

ブラックジャッジがこの馬たちにまさっているものを探すと・・・
唯一思いついたのが「競馬を使われていること」ですね。

他の馬は1月上旬から約2ヶ月半間が空いています。
今年は雪が多かったので冬場に調教があまりできなかったと
聞いているので仕上がっていない可能性はあります。

その点ブラックジャッジは2月末まで佐賀で競馬してましたし、
その前から体調を多少崩してはいましたが、佐賀ではもちろん
岩手に入ってからもゆっくり長めにとは言えキチンと調教できて
いますからその点はアドバンテージ?

さっき先生とお話ししましたが騎手はまことくんにお願いしました。
正直先生からは「(ズブイなら)上位の騎手の方が・・・」
と言われたんですが、普段から調教をしてもらっていますし、
ブラックジャッジのことわかってくれていると思いますからね。

ここでイイ騎乗をして「ブラックジャッジのことはおまかせ!」
と言えるようにして欲しいです。
相手が強いので正直勝ち負けは厳しいかもしれまんが・・・
まことくんの頑張りに期待しています!
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-21 13:08 | 馬主
ポポ選抜レース優勝!
今日の第8レースに出走したポポが優勝しました!

今日はお仕事の関係で佐賀まで行けなかったんですが、
佐賀競馬場は曇り、馬場は不良でレースが行われました。

ポポの馬体重は前走比+2kgで499kg
もうあと1kgで500kgの大台ですね。
体重増えててもレース内容はよくなってるんで、最近あんまし
考えないようにしてるんですが・・・やっぱり不安だな~

そんな馬主の不安をよそにポポは1番人気。
2chではフォアグラ堂さまにも指名してもらいました。
2番人気はフィールドゼファー、3番人気はクィーンワールド
真島騎手が選んだルードオーレは4番人気です。

なんか某新聞には「自在の脚質」とか書かれてましたが、
「ホントにレース見てるのか???」と突っ込み入れたく
なったのはぴぴすけだけなんでしょうか?

そうこうしてるウチにスタート。
大外のトミダンサーがあおって出遅れましたが、他はまずまず
揃ったスタートです。

まず先頭に立ったのは8番のフユゲシキ。
そのあとナリタダイリンがすぐ後ろにつけました。
そのあとをルードオーレとフィールドゼファー。
ポポは・・・後方2頭目です・・・

やっぱ行き脚がつかないんですよね~
しかもレースはスローペース・・・タダでさえ前残りが多い佐賀で
後ろから行く馬にはツライ状況です。
外枠だっただけに道中外を廻らされてコースもロス。
正直ダメかな・・・と思う展開ででした。

でも向う正面でポポがロングスパート!
長田騎手のアクションに応えてポポが上がっていきます。
3コーナーでは5番手、4コーナーでは3番手、いざ直線!

ここで先頭は5番のナリタダイリン。
石川騎手に追われてもう一伸びしてきました。
外からナリタダイリンに迫るのがフィールドゼファー。
その外からポポが迫ります!

フィールドゼファーを競り落としてナリタダイリンに迫るポポ。
派手なアクションで追い続ける長田騎手に応えてもう一伸び。
最後頭差捉えたところがゴールでした!

2着はナリタダイリン、3着はフィールドゼファー。
その後4馬身離れて4着がルードオーレでした。

勝ちタイムは2:01.01。
タイムはそう早くないと思いますが、スローなレースで外を
廻って後ろから捲くって勝ったのは・・・正直嬉しいです。
佐賀は上になるほど距離が伸びますから、距離に目処が
たったのもありがたいですね。

次はいよいよC1になります。
1ヶ月くらい間があきますが、しっかりトレーニングして
強敵相手に好勝負できるようになってもらいたいですね。

次も応援お願いします!
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-19 21:03 | 馬主
ポポいきま~す!&悲しいお知らせ
日曜日のポポの枠順が決まりました!

2006年3月19日(日) 佐賀 第8競走
ダート 1750m(右)14:50発走 選抜C2

01  マルシゲサニー 新原健
02  ルードオーレ 真島正
03  クィーンワールド 鮫島克
04  カイシュウバンバン 安東章
05  ナリタダイリン 石川浩
06  フィールドゼファー 川野幸
07  マイネルポポラーレ 長田進
08  フユゲシキ 権藤学
09  トミダンサー 北村欣

注目の騎手ですがポポは真島騎手にフラれました。
まぁルードオーレの厩舎見た瞬間87%あきらめてました。
で、今回は長田騎手に決まりました。

長田騎手の騎乗はザオリンポスマンで見ましたが
「追える騎手だな~」という印象です。
ズブいポポには合っていると思います。

先生には「真島騎手が乗ってくれなかったら山口騎手か
長田騎手でよろしくお願いします」と言っていたのですが、
先生から「長田(騎手)の方がポポラーレには合っている
かもしれないな」と言われたのでそうなったみたいです。

1番人気はルードオーレかな?
安定してますし、真島騎手がポポを蹴って選んだ馬です。
2番人気はフィールドゼファーでしょう。
2連勝してますし絶好調みたいです。

ポポはその次3番人気くらいだと思います。
サクラブロードの回避はプラス。
2頭との差は大きくないですから長田騎手の騎乗に注目!

あと今気がついたんですが・・・1750mなんですね。
ポポは地方に来てから1400mしか走ったことがありません。
初めての1400m以外の距離がどう出るか?


ここでぴぴすけにとって残念なお知らせが・・・
岩手に行ったブラックジャッジですがC2に格付されました。
ブラックジャッジの持賞金(直近20走の賞金)は52万円
ですから、例年なら一番下のC3に格付されて月に3~4走
できるはずだったのですが・・・

C2だと出走手当てはチョット多いですけど月に2回しか
走れないから出走手当だけでモトとるのは難しいですね。
まぁそういう考えがよくないワケで、勝って稼いでもらいましょ!

でも・・・チョットこれはすごい状況です。
同じクラスなのに力の差がありすぎる状態になってますから、
馬券を買うサイドからすると面白くないのでは?

名古屋&笠松みたいに出走手当てがソコソコあって、たくさん
出走できるところがあると、そこで数使って直近20走の賞金を
無理やり落として岩手へ・・・ってことが可能です。

数使ってれば負け続けても損しないからそういうことができる
ワケですが・・・強くても体が丈夫じゃなくて賞金を持っている
馬が処分されて、強くなくても丈夫で賞金持ってない馬は
生き残れる・・・なんかおかしいですよね。

持ち賞金の考え方に多少差があるのは馬の移籍を即すことに
なりますし見切りが遅くなるという意味で馬にとってイイことだと
思うのですが・・・

まぁぴぴすけも格付が下がること狙って移籍させてるんで
非難できる立場じゃないのですが、ここまでスゴイことになると
ちょっと考えないとな~と思うのでした。
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-17 23:19 | 馬主
これって意味あるの?
今日気がついたんですが・・・

盛岡4R(発走検査) 1000m
出走馬 年齢 厩舎 騎乗者 馬体重 タイム 上がり3F 脚色 合否
1 ブラツクジャッジ 牡5 小笠原義巳 大坪 慎
2 ダイショウポップ 牝4 田村 光則 陶 文峰
3 タイヨーオペラ 牝6 葛西 勝幸 佐々木 忍
4 スウィートデザイア 牝5 大和 静治 山本 政聡

昨日のコレ↑ですけど、左の数字意味あるんですかね?
能力検査ならタイムがあって、それ順に並んでるみたいですが、
発走検査の数字はなんなんでしょ?

単純にゲートの枠順?それかゲートの出が速かったの?
それとも・・・1000mってあるから1000m走ってタイム順??
よくわかんないですね。

この前まで水沢にも芝コースがあると思ってたぴぴすけですから
岩手の能力検査がどうやってるかなんか知るワケもなし。
これから勉強ですな~
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-16 23:24 | 馬主
確定申告&ブラックジャッジ始動?
チョット前になりますが確定申告も無事終わりました。
去年に関してはマイナスでしたし、雑所得なんで損益通算も
できないのですんごく簡単でしたが・・・
今年は収支がプラスになって税金納めるくらい愛馬たちには
頑張って欲しいものです。

それはさておき盛岡の小笠原厩舎にお世話になっている
ブラックジャッジですが今日発送検査がありました。
↓はテシオからコピペ(ごめんなさい)

盛岡4R(発走検査) 1000m
出走馬 年齢 厩舎 騎乗者 馬体重 タイム 上がり3F 脚色 合否
1 ブラツクジャッジ 牡5 小笠原義巳 大坪 慎
2 ダイショウポップ 牝4 田村 光則 陶 文峰
3 タイヨーオペラ 牝6 葛西 勝幸 佐々木 忍
4 スウィートデザイア 牝5 大和 静治 山本 政聡

岩手では今開催より能力検査・発走検査の実施基準が変更。
出走申し込み締め切り日以前60日未満の期間に出走経歴があり、
転入前の最終競走で調教再審査や除外を受けていない馬は
発走検査のみでOKという事になりました。

佐賀で出走してから間がないブラックジャッジは発走検査でOK
まことくんが乗ってくれて無事合格してまずは一安心です。

あとで先生に電話したとこによると・・・馬体重は447kg
レース後の長距離輸送で疲れが出て飼い葉の食いが落ちていた
ブラックジャッジですが、先生と厩務員さんがしっかり面倒見て
くれてしっかり食べさせてくれたおかげで体は元に戻ったみたい。

これからもしっかり食べさせて、長めの軽い運動をしっかりして
もらって・・・特別開催にはプラス体重で出てくれたらいいなと
思っています。
なんせ今からハードスケジュールな上に長丁場ですからね。

ちなみに乗り味聞いてみたんですが「わからない」そうです。
この世界結構強気な人が多いですから・・・

わからない=乗り味悪いからオーナーに言えない

って可能性高いな~と思ったのですが、まぁ現実速いトコは
一本もやってませんし、調教師さんの性格(強気かどうか)も
わからないので望みは捨てないようにします。

今日乗ってくれたってことは特別開催でもまことくんかな?
もしそうなら・・・しっかり調教して特徴掴んでもらって頑張って
欲しいものですね。
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-15 23:46 | 馬主
プライマル2着、ポポの次走
プライマルは今日のレース2着でした。

今日の佐賀競馬場、天候は雨、馬場は稍重。
所用があってぴぴすけはレースを見にいけなかったんですが、
チョット肌寒い感じだったのではないでしょうか?

注目の馬体重、プライマルは▲5kgで467kg。
牝馬の連闘って正直楽じゃないと思うのですが、それでも
西岡先生と北原厩務員がキチンと仕上げてくれました。

1番人気は予想通りカフェアクロポリス。
馬体重は▲18kgの476kg、これ見た瞬間は「もしかして・・・」
と思ったのですが、パドックの雰囲気はよかったみたいですね。

逆にプライマルはチョット元気ない感じ・・・大丈夫?

スタートは全馬そろった好スタート。
プライマルは無理せずハナに、カフェアクロポリスが出ムチを
入れてプライマルの外2番手キープ。

そのまま1コーナー、2コーナー、3コーナー。
プライマルに楽させてくれない真島騎手のカフェアクロポリス。
やっぱ上手いな・・・そんでもって強い。

4コーナーで外から並びかけて先頭に立つカフェアクロポリス。
プライマルも食い下がるも・・・1馬身半離されたところがゴール。
後続は4馬身離してるんですが、相手が強かったです。

タイムも1.31.6ですから優秀、次あたりで勝てるでしょう!
次は最短で4月15日、一ヶ月以上空きますからチョットゆっくり
してまた頑張ってね~


そうこうしてるうちにポポの次走決まりました。
3月19日(日)の8R・・・これは勝負です!

第4日目 第8競走 サラ系C2
クィーンワールド 鮫島克
マルシゲサニー 川野幸
ルードオーレ 真島正
フィールドゼファー 川野幸
マイネルポポラーレ 真島正
ナリタダイリン 石川浩
トミダンサー 鮫島克
サクラブロード 下條知
フユゲシキ 権藤学
カイシュウバンバン 安東章

強そうなのはここ7走で1-1-1-3-2-2-2着のルードオーレ、
連勝中のフィールドゼファー、ここ5走で1-1-3-2-1着の
サクラブロードの3頭でしょうか?

特に注目なのはルードオーレ。
ポポと同じ真島騎手で登録してるんですよね~
真島騎手がどっちを選んでくれるか・・・注目です。

真島騎手が乗ってくれなかったら・・・山口騎手か長田騎手に
お願いって西岡先生に連絡しとこうかな?

西岡厩舎は昨日と今日で2勝、通算15勝。
来週はポスマンとポポで勝ち星を増やして目指せリーディング!
[PR]

by pipisukekun | 2006-03-12 16:49 | 馬主