サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヨシツネとポポと荒尾の日程と
日曜日はオーヨドヨシツネとマイネルポポラーレ
の2頭が佐賀で走りますが、まずはヨシツネから。

2008年3月9日(日) 佐賀 第5競走
ダート 1400m(右)13:05発走 C2-12組C2
01 オーヨドヨシツネ 北村欣

強そうなのはテンジンカズトヨとフィールドラブ。
スタートさえ決まればヨシツネが逃げそう。
躓いた前走を度外視すればそんなに差はないと
思うので馬券圏内期待です。

次にポポが最終レースで走ります。

2008年3月9日(日) 佐賀 第10競走
ダート 1400m(右)16:50発走 B1・B2B1 B2
04 マイネルポポラーレ 北村欣

ここで強そうなのはエニフ、前走B2-1組を逃げて
勝ってる馬と一緒に走るのは納得いかないな・・・
でもここは相手関係よりもポポ自身の体調が重要。

冬場は毎年は絞れなくて汗取りをしていますが、
そうすると疲れが残ってなかなか成績が出ない
ってことで今回は汗取りせずに調教を増やして
みたそうですが、果たしてどうなるか・・・
こちらも馬券圏内期待したいとことです。


福山競馬のホームページを見ていたら、ファイナル
グランプリの投票結果が出ていてワダッチが19位
でした・・・投票してくださった方々ドーモです。


あと昨日書いていた荒尾の来期日程のことですが、
88日→70日の開催になって、4日→3日で馬を
廻すことになったとすると、1頭の馬が走れる回数は
そんなに変わりませんが、多頭数のレースが多く
なることになります。

ファンの方々からすると実際にレースを見られる日数
が減ることになりますが、その代わり頭数の揃った
レースが楽しめることになります。

競馬組合としたら開催日数が約2割減るわけですから、
来年度の賞金や出走手当てが今年度とかわらなかった
とすると、賞金は約2割削減できますし、あとは警備員
とか窓口の人件費は削減できますね。

それに開催が減った分、場外販売を増やせば手数料
収入の増加が見込めます。
あとは頭数を増やして魅力を増すことで、開催日数
の減少をカバーできる売上を確保できるかどうか?

まぁトータルプラスになるのは間違いないでしょう。


でも馬主としては賞金が稼ぎにくくなりますね。
開催日数が約2割減るわけですから、賞金が約2割
カットになったのとほぼ同じ効果があるわけです。

あと調教師、厩務員、騎手も進上金が約2割減。
まぁでも賞金に関しては馬主:調教師:厩務員:騎手
で80:10:5:5ですから馬主の方がキツイかな?

競馬場が赤字なわけですから、これくらいは馬主も
厩舎も受け入れないといけないのか・・・厳しい・・・
[PR]

by pipisukekun | 2008-03-07 23:32 | 馬主
<< 広島で焼きそば、お好み、つけ麺... 土曜日はワダッチ応援行ってきます >>