サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
騎手のことちょっとイロイロ考えて
騎手のことでチョット考えることがありました。

まぁ南関東なんかは「騎手はレースに乗るだけ」
って感じみたいなんでアレですけど、佐賀や荒尾、
福山なんかでは調教をつける、追い切りをする
っていう重要な役目があります。

でも調教をつけてれば乗れる、所属厩舎の馬なら
乗れるっていう単純なものではありません。

競馬が単純な趣味の世界ではなく、皆さんのお金
がかかっていること、競馬に携わっている多くの
人の生活がかかっていることを考えれば、やはり
「勝てる」騎手を求めるのは当然のことなわけです。

そういう中で馬が負けた時に騎手を変えるのは簡単。
勝負の世界ですから結果がすべて。
騎手の方も悔しい思いはあっても納得でしょう。

問題は勝っているのに騎手を変えること。

こういう騎手変更は馬主からのオーダーってのは
まずない・・・と思います。
馬主からすれば現場でだれが調教つけてるかとか
そういう部分は見えにくいですから、勝っているのに
「所属騎手に変えて」とかまず言わないでしょう。

つまり現場を見ている調教師サイドから変更したい
って話が馬主にあるのがほとんどだと思いますが、
これは調教師にとってすごく危険な賭けです。

馬主にとっては騎手変更して負けたらその責任を
その騎手と、その騎手に変更した調教師に求める
のは当然のことで言い訳はききません。

当然ながら調教師はそれをわかって騎手変更
したいと言っているわけで、騎手はそれを充分に
わかった上で騎乗して欲しいですね。

前に乗ったことがあった場合、その時と同じミスを
するなんてことはプロとして許されないと思います。

でも逆に言えばこういう「男気」を調教師がみせて
くれて、しかも勝ってくれた時は本当に嬉しいハズ。
意気に感じて頑張って欲しいモノです。
[PR]

by pipisukekun | 2008-01-20 23:50 | 馬主
<< ノボウフフ、1勝なのにオープン... M&Kポポは無念のブービーです >>