サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
変わること変わらなければいけないこと
人間って何も変えない方が絶対に楽。
でも変わらないことには進歩がありません。

それとは別にして・・・周りが変わると、自分も
変わらざるを得ないってこともあります。
今の地方競馬がソレですかね。

昔、賞金が高かった時代は勝つことがすべて。
ギリギリまで仕上げて、使って勝てなければ
休養ってのがパターンだったみたい。

でも今は賞金が下がってしまって、休ませても
余程のことがない限りモトがとれない。
もっと言えば数ヶ月休養させる費用で新しい馬が
買えてしまう時代になってます。

でも馬主って馬が好きでなってるワケですから、
「儲かる儲からない」で割り切れない部分もある。
そのバランスが難しいですね。


そうなると調教師も変わらざるを得ません。

休養にあげると馬が帰ってこない(処分される)ので
勝つにこしたことはないけれど、それ以前に毎回
に近い形で「使う」ことが求められます。

そうなれば馬の集め方も変われば、調教方法も
自然と変わると思うし、馬の見極め(使えるかどうか)
も変わってくるでしょう。


そうなると当然騎手も変わらないといけない。

地方競馬では馬を仕上げるのも騎手の仕事です。
レースでチカラを発揮させるのは当然ですが、
普段の調教や追い切りをどの位やるのか・・・

馬の状態に合わせた調教をしないといけないって
ことは、飼い葉の食いを見たりして状態を見極める
ことが求められます。

そういう意味では昔と違ってイロイロ考えないと
いけなくなってる、勉強しないといけない騎手の
人も大変だと思います。


何事も勉強だな・・・
[PR]

by pipisukekun | 2007-12-12 23:53 | 馬主
<< ブリちゃんの追い切り、出走登録だ キンギンは2着でなんだかな~ >>