サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポスマンとブレイブとテツタイソン
先週は藤本牧場→荒尾競馬場→佐賀競馬場とグルリ
廻って普段会えない人に会えました。
中でもザオリンポスマンが多良岳特別でレコード勝ちした
後の西岡先生と北村騎手に会えたのはよかったです。

ポスマン(西岡先生はこうい呼ぶ)の初勝利は18戦目。
それまでに深管を痛めたりイロイロあったのですが、
軌道に乗ってからは連勝して、一回も牧場にあげる
ことなく今年からオープン入り。
でも飼葉は牝馬よりも食べないし、夏負けはひどいし、
先生も厩務員さんもスゴク苦労してるみたいです。

「ポスマンは他の馬の3倍は手がかかる」
西岡先生はぴぴすけに笑いながら良く言います。
そんな馬だからこそ先日の多良岳特別レコード勝ちは
嬉しかったんでしょう。
勝った後の厩舎全体の雰囲気はホントに最高でした。
ぴぴすけも自分の馬のことように嬉しかったです。


そのポスマンの今回のレコード勝ち、北村騎手は調教を
変えたことに理由を求めてるみたいですが、(ブログ参照)
西岡先生は西岡先生でポスマンをここまで出世させた
今までのやり方に間違いはないと思ってるんですよね。

お互いこの競馬の世界で成績を残してきたベテランだけに、
絶対に譲れないってとこがある。
でもなんだかんだ言ってお互いのことを尊敬してる部分も
ある・・・レース後の厩舎での二人の微妙な会話は横で
聞いていてなんか笑えますた。

西岡先生と北村騎手の馬の作り方の理想には違いが
あるようですが、二人とも本気ですし真面目です。
今回のポスマンの激走を見ても、最近二人のやり方の
バランスが徐々にとれてきたかと思うと今後が楽しみです。

レースの後にポスマンの今後のローテーションの相談を
している二人の姿はホントに真剣そのものでしたから、
去年は吉野ヶ里記念3着、サマーチャンピオン5着
でしたが今年はもっとイイことあるかもですよ。


その北村騎手がブログで押していたオリオンザブレイブ
も今日の七夕特別勝ちましたね。
この子も厩舎に来た時は状態がよくなかったのですが、
西岡先生と厩務員さんと小松騎手でゆっくりじっくり
乗りこんで仕上がってココまできました。

西岡先生はテツタイソンが来た時、状態よくなかったのに
「(厩舎に来たときの)ブレイブより全然マシ」って言って
休ませずに小松騎手に調教お願いすることになった
経緯があります。

ブレイブとタイソンじゃ素質が違うでしょうからブレイブの
トコまで出世・・・ってのは言いませんが一歩でも近づけ
るようにタイソンにも今後頑張って欲しいものです。

ってことでついでに・・・テツタイソンの動画。
この子実は熊癖(ゆうへき=ふなゆすり)持ってたんですよ。
買うとき聞いてなかったな~まぁふなゆすりは気にしない
方なんでOKですがね。


[PR]

by pipisukekun | 2007-06-30 15:54 | 馬主
<< ブラキチはお休み、7月の予定 前半戦を振返ってみますた その2 >>