サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「プロフェッショナル」を見て
NHK受信料毎月払ってることですしタマには見ないと・・・
というわけではありませんが、「プロフェッショナル」見ました。

今回のプロは「藤澤和雄調教師」
これまでG1(Jpn1?)合計21勝、現役最多の勝利数を
上げる名調教師ですからプロ中のプロであることは誰もが
認めるところだと思います。

そんな藤澤調教師の言葉を聞いていた嫁が一言。
「これって西岡先生も言ってなかったっけ?」。
確かになんか似ている感じがしないでもないですね・・・


まず言葉の前に思ったのが「引き運動」や「乗り運動」に時間を
かけて強い馬をつくるという調教方法は似ているかな?

言葉では「馬の調教は貯金に似てる。たくさんある時にごそっと
入れてもダメだ」という藤澤調教師の言葉は、西岡先生の口癖の
「馬はマッチン棒一本一本の積み重ね」に似てるような気が・・・

他にも・・・「欲張りだから勝ちたいのは世界一勝ちたい」
「喜びを感じるのは今まで走っていなかった馬が走った時」
「一頭一頭の馬を見ていろいろ試してみないとわからない」

なんか聞いたような言葉が次々出るんですよね。
そりゃ佐賀は地方競馬ですから「馬の状態が万全でなければ
出走させない」なんてことはできませんし100%同じじゃない
んですけど、近いのかな~と・・・

まぁぴぴすけがホントに親しくさせてもらってるのは今のこと
西岡先生くらいですから、藤澤調教師と西岡先生が似てると
いうのではなくて、調教師さんが考えることは皆同じなのかも
知れませんけどチョット面白いなと思いました。

さてぴぴすけはプロのサラリーマンですから、明日もお客様や
上司から頼まれたこときちっとこなしていきますか!
[PR]

by pipisukekun | 2007-05-15 23:40 | 馬主
<< 今週の出走予定はなし オーヨドヨシツネ休養 >>