サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
4/28に『ニューウエーブ大崎』オープン
4月28日(土)に荒尾競馬初の専用場外発売所となる
「ニューウエーブ大崎(鹿児島県曽於郡大崎町)」が
オープンするみたいです。

同場外では荒尾競馬組合が主催する全てのレース及び
佐賀競馬をはじめ、地方競馬が主催するダートグレード
競走等の場外発売が年間約280日行われるそう。

これには注目してます。
って言うのも大崎町って・・・すんごい田舎なんですよね。

現在ではどちらかというと郊外型の大規模な施設よりも、
市街地の空いているテナントビルの2階3階とかを借りて
低予算で施設をつくるのが流行です。

それに対して大崎町の人口は16000人あまり。
曽於市・志布志市・鹿屋市の3つの市に隣接してはいますが
そんなすぐに行ける距離ではないです。

軽種馬場の近くであり、周辺に牧場がたくさんある地域です
から、「競馬」には馴染みがある地域だとは思いますが、
果たしてこれが来客や売上げにつながるんでしょうか?

あと問題なのが開催日数。
ボートピア(競艇の専用場外発売場)やサテライト(競輪の
専用場外発売場)なんかだと330日とか多い場合は350日
くらい開催しています。

開催日数が少なければ採算合わせるのに不利なのは当然。
銀行員的な目で見るとそう簡単ではないと思いますが、
是非頑張ってもらいたいですね。

吉永ファームの近くですから、遊びに行ったときに寄って
みたいなと思ってます。
[PR]

by pipisukekun | 2007-04-24 23:57 | 馬主
<< 一口馬主してた時の愛馬達 佐賀第2回競馬特別・特設競走出... >>