サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
チョロ
キモオタ馬主のぴぴすけです。
今日は馬の話題がないので、釣りの話題で・・・

鹿児島は鯛が良く釣れるてのは釣り好きには有名です。
大相撲で優勝した力士が持ってる鯛は鹿児島の天然モノ。
千秋楽が近づくと鹿児島の漁協に連絡があって、一番大きな
鯛を運ぶらしいですよ。

そのくらい大きな鯛が毎日どこかであがる鹿児島ですから
ぴぴすけみたいなシロウトでも70cmくらいの鯛が釣れたり
してハマっちゃうワケです。

年中どこかで鯛が釣れてると言ってもやっぱりシーズンは
あるわけで、10~11月の錦江湾内と2~3月の錦江湾口は
良く釣れます。

で、またこれが面白いんですが、この2つのポイントでは釣り方
が全然違うんですよね。
錦江湾内で釣るときは普通に天秤の仕掛けで釣るんですが、
錦江湾口で釣るときは天秤でも釣りますけど「チョロ釣り」って
のをよくします。

「チョロ釣り」って言っても普通の人は???だと思いますが、
まずスピニングリールにフロロカーボンの糸を巻いておいて、
その糸に直接ハリを結びます。
クッションも天秤もなんにもつけずに直接です。
で、オキアミをつけたらスプールをあけて準備完了。

150~200mくらい潮下に瀬がくるように船を留めてもらって、
オキアミをバラバラと撒いたら、その中にオキアミのついたハリを
投げ込んで後は潮の流れに乗せるだけ。

鯛がオキアミを食べると糸が「シュルシュルシュル」って出るので
そしたらスプールを返してファイト!!
スピニングリールでやりとりすると鯛がどっちに走ってるかとか
わかるし、やりとりがスンゴク楽しいんですよね。

この釣り方のイイとこは楽しいだけじゃなくてよく釣れるコト。
自然にオキアミが流れていくからなんでしょうけど、同時にやってる
天秤の仕掛けにかからなくても、チョロの仕掛けにはかかるケース
結構多いです。

ついでに解説するとなんで糸がフロロカーボンかって言うと、
糸の重さが丁度よくて自然に沈んでいくから。
食いが悪いときはガンダマを入れて沈み方を調整したりします。

この釣り方鹿児島が発祥らしくて、しかもココ10年くらいみたい。
で、全国的にはまだマイナーな釣り方みたいですから、興味が
ある人は是非お試しアレ。

ってことで、土曜日また釣りに行ってきます♪
(錦江湾内ですから天秤の仕掛けですけどね)
[PR]

by pipisukekun | 2006-10-05 23:36 | 遊び
<< 釣りの結果とイロイロ ちょっとイイワケ~ >>