サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ディープ3着と吉留騎手
凱旋門賞のディープインパクトは惜しい3着でした。

前々でレースして直線一旦は先頭に立ったものの、
最後3歳馬に差されてしまいました。
狙ったレース勝つってのは難しいモンですね。

勝っていたら相当盛り上がっていたのでしょうから、
「残念」とJRAは思っているのではないでしょうか?

思えば佐賀競馬もこういうシカケは必要ですよね。
JRAに騎手や馬がドンドン挑戦して、佐賀競馬を
盛り上げていって欲しいものです。


同じ意味では荒尾から来てくれてる吉留騎手には
佐賀でそしてJRAでもっと頑張って欲しいです。

昨日はヨシツネだけでなくメインでザレッドプリンセス
にも乗ってこちらも3着でした。
でもこちらは最低10番人気で勝ち馬からアタマ
クビ差の惜しい3着・・・

この騎乗には西岡先生も相当興奮したみたいで、
レース後にまたぴぴすけのトコに電話きました。
それも相当興奮して嬉しそうに・・・
「ひさびさにシビレました」って言っておられました。

先生はだいたい「馬を仕上げてれば誰が乗っても
ほとんど結果は一緒」と常に言ってる人ですから、
余程のことがないとこういう発言はしないので、
ホントに嬉しかったんだと思います。

吉留騎手に来てもらうようにお願いしたぴぴすけも
肩の荷がチョットおりました。
無理聴いてくれた先生、厩務員さん、関係者の方、
そしてなにより来てくれた吉留騎手に感謝です。

これで他の厩舎も含めて騎乗馬が集まるきっかけ
になってくれたら嬉しいですね。
でもウチの馬に乗ってくれなくなったりしないよな・・・

それはさておき今回はシケシケ馬主なのに大先生に
無理なお願いしちゃいましたから、これからは当分
無理言わないようにしたいと思います。
[PR]

by pipisukekun | 2006-10-02 01:09 | 馬主
<< ちょっとイイワケ~ ヨシツネは復活のきざし?3着 >>