サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
厩舎でのお話・・・
この前のこぼれ話をひとつ。

日曜日の夕方に、勝ってくれたヨシツネに会いに
西岡厩舎に寄ったんですが・・・
そのときあの「日浦社長」とお会いできました。

たくさんの馬を持っておられて、今年は中央競馬でも
勝利を挙げておられる大馬主さんです(感激)

先生と話しておられたので邪魔しないように会釈して
通り過ぎようとしたら、社長から「こんばんわ」と声を
掛けてくださいました。

こちらもあわててご挨拶させてもらいましたが・・・
気さくなイイ方だな~と思いましたよ。


で、先生と何の話だったかって~と・・・
次の日聞いたんですが馬の移籍の話だったみたい。

有利な条件のトコに移籍させるってのは、結果的に
その馬の競走馬寿命を延ばすことになるワケですから
非常に重要なことだと思います。

でも有力馬を出される厩舎としたら面白くないハズ。
しかしそんなときでも西岡先生は「どうぞどうぞ」って
言うだけで、移籍を止めたりしないそうです。

「どがん丈夫な馬でもいつ故障するかわからんし、
馬主さんが移籍したいときに移籍させてあげんとね」

先生は社長だけじゃなく馬主に「馬を入れて欲しい」とは
言わないんですが、それでも馬が入るのは結果を出して
いるのと、そういう姿勢、人柄だからなんでしょうね。

そんな真面目な先生はやっぱ真面目な人が好き。
「(ポポに乗った)鮫島(騎手)みたいな真面目な子は
応援したくなる」だそうです。
40過ぎのおっちゃんつかまえて「子」ってのもどうかと
思いますが・・・

鮫島騎手は昔から営業はしないけどすごく研究熱心で
努力家なんだそうです。
だから今回のポポの初騎乗に際しても指示はなし。
「(ビデオやインターネット)見て研究しとるやろ」
って言っておられましたね。

前にも「コツコツやるやつが一番」て言っておられました。
相手が生き物だから運良く勝てるときもあれば、運悪く
負けるときもありますが、真面目にやってる人は騎手でも
厩務員でもいつか必ずむくわれるんだそうです。

これってどんなことにも当てはまるよな~
たとえすぐに結果が出なくても、真面目に頑張ってれば
必ずイイことあるはず!
毎日毎日を大事にして頑張らないと!!


チョット話が逸れましたが、西岡先生と話する前に、
日浦社長がヨシツネをじ~っと見ておられました。

そのとき「これ誰の馬ですか?」って質問があったそうで、
それに対して先生は「あそこのシロートさん(=ぴぴすけ)
ですよ」って答えたらしいですw

あとから西岡先生が「社長が見るくらいイイ馬ってこと」
と言ってくださったので、それでまた感激しましたよ。
写真も見ないで買ったヨシツネ・・・
それが褒められるなんてホントにぴぴすけは周りの方に
恵まれてるな~と思った次第です。

人と人とのつながり、縁をこれからも大事にしたいなと
あらためて一層強く思ったぴぴすけでした。
[PR]

by pipisukekun | 2006-07-21 00:54 | 馬主
<< BJ出走&新しい仲間♪ 旅行の宿とBJ >>