サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
チョット調べてみました
1/18地方競馬DBの各厩舎の登録馬を調べてみました。

西岡厩舎32頭
中央→佐賀 3頭(9.4%)
中央→地方→佐賀 4頭(12.5%)←ウチの2頭
地方→佐賀 19頭(59.4%)
直接佐賀 6頭(18.7%)

真島厩舎48頭
中央→佐賀 9頭(18.8%)
中央→地方→佐賀 2頭(4.2%)
地方→佐賀 12頭(25.0%)
直接佐賀 25頭(52.1%)
(途中南関に転厩し戻ってきた馬を含む)

これは見ての通り、厩舎に入ってきた馬がどこから来たのか
調べたものですけど面白いと思いませんか?

真島厩舎は佐賀の2年連続リーディング厩舎です。
当然人間的にも馬を仕上げる技術も一流じゃないとリーディング
はとれないと思います。
登録頭数が16頭多いのは多分馬を入れたい人が多いので、
走らなくなったらすぐ出して新しい馬を入れてるのでしょう。

内訳を見たときの特徴は・・・
西岡厩舎は地方の他の競馬場デビューで、そこから佐賀に来た
馬が非常に多く全体の半分以上を占めています。
逆に真島厩舎は自厩舎デビューが半分以上、あと中央から直接
受け入れた馬が多いですね。

佐賀では中央から来た馬が圧倒的に有利です。
ってのも園田みたいに「手弁当」を持たされませんから。
(園田だと中央デビューの馬は中央で1円も稼いでいなくても
120万円稼いだものとしてそのクラスで走らされる)

あと新馬は・・・夢がありますよね。
2歳戦は賞金も高いですし、頭数が限られていて勝つ確率も高い
ですから厩舎としてはコレが多ければ成績も上がりやすいハズ。

逆に他の地方競馬場で先が見えた馬ばかり預かってもなかなか
勝てる確率は低いのですが・・・西岡厩舎はこれが多いワケです。

その原因は多分西岡先生が馬主に無理を言わない(ハイリスク
ハイリターンになる馬をすすめたりしない)ことと、馬を仕入れる
ルートが少ない(ぴぴすけに「クラブ馬主にコネありますか?」と
聞いてくるくらいですから)ことにあるのじゃないかと思います。

でも考えると・・・他の地方競馬で先が見えた馬ばっかり預かって
しかもあまり入れ替えしないで年間45勝(9位)はスゴイ!
数字以上に評価されてイイんじゃないかと思います。
馬を「つくる」ことに関してはホントにウマイと思いますよ。

前から書いてますけど西岡厩舎の厩務員さんはホントによく働き
ますし、先生はもっと働きます。
先生は毎朝午前1時過ぎに起きて馬の様子見ておられますし、
厩務員さんは雨が降っても夕方まで引き運動・・・

このシケシケブログを見てくださってる方がいたらウチの馬だけでなく
西岡厩舎の人々と西岡厩舎の馬全部応援お願いしますね。
[PR]

by pipisukekun | 2006-01-18 23:40 | 馬主
<< ポポの次走は1月29日(日)です 2頭出資したのに・・・ >>