サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
幕引きの荒尾競馬に思うこと
バックデートで書いてますのであしからず。

12月22日(祝)で荒尾競馬が幕を下ろします。
ぴぴすけが馬主になったのが高崎競馬場が廃止になった
直後ですから、馬主になって初めて見る競馬場の廃止と
いうことになります。

岩手、笠松、高知と毎年噂は出ていましたが、なんとか
持ちこたえていただけに、荒尾の廃止は意外でしたし、
馬を入れていた競馬場だけに残念です。

荒尾で頑張ってくれていたのはタラートキンギン。
足元が悪くて数は使えませんでしたが、3勝してくれて
認定競走勝ち馬の実力を見せてくれました。

お世話になった厩舎は頼本厩舎。
こちらは佐賀に移籍が決まっていますので、佐賀での
一層のご活躍をお祈りしています。

あと触れなければいけないのが吉留騎手。
ほとんど佐賀に来ていなかった吉留騎手に無理に来て
もらうように西岡先生にお願いしたのが2006年9月。
最初は佐賀のペース、位置取りに苦労されているよう
でしたが、翌年には佐賀になくてはならない存在に
なっていましたね。

最初は引退との話もありましたが、浦和に移籍されて
現役を続けられることになったのは嬉しい限り。
是非南関東で活躍をして欲しいです。
[PR]

by pipisukekun | 2011-12-21 23:59 | 馬主
<< 明後日はホッコーマドンナ走ります サンフレは今年もユースが強かった >>