サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
所有馬が牝馬ばかりの理由です
所有馬が牝馬ばかり4頭になってしまいました。

別に牝馬が好きで選んでいるわけではないのですが、
売り馬の情報があった際にイロイロ検討した結果、
「この馬なら」と思った馬に牝馬が多かったってこと。

ポイントは「変化」

たとえばですが、佐賀で成績が頭打ちになっていた
馬が売りに出ていたとして・・・それをそのまま
佐賀で走らせて、勝たせて採算合わせるのは非常に
難しいと言わざるを得ません。

中には厩舎が変わって走る馬もいるでしょうが、
条件も何も変わらないのに突然走るなんてことは
まずないと思ってイイでしょう。

移籍に伴って条件が良くなる(下のクラスから走れる)
ならその競馬場に移籍させますし、芝が合いそうなら
岩手への移籍もあり、つまり何か「変化」がないと
なかなか勝てないと考えています。

どこの競馬場でも勝てるような馬は普通売りに出さない
ですし、売りに出ても高くてなかなか手が出ないものです。

そこで考えると・・・一般的に扱いが難しいと言われる
牝馬の場合、新しい厩務員さんが上手い人なら、
イイ意味での「変わり身」を期待できると考えます。
そうなると結果的に牝馬が多くなってしまいますよね。

つまり、牝馬が多いのは厩務員さんを信頼している証だと
思ってもらえればイイかと思います。

でも、、、次は牡馬ですかね、、、
[PR]

by pipisukekun | 2011-12-13 23:59 | 馬主
<< 驚きの浦和の監督ミシャですか 週末はホッコーマドンナ、ミスギンレイ >>