サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ミスギンレイ血統見ていて思うこと
この夏に手足口病になって家でウンウン唸っていた時に
暇だったのでイロイロとパソコンで調べてました。

引退した愛馬がどうなっているか?愛馬の兄弟たちが
活躍しているか?お友達の馬の最近の成績はどうか?
などなど・・・

その中でミスギンレイを調べていて見つけたことがあります。


ハクチカラとは、日本の競走馬、種牡馬である。
日本の調教馬として初めて日本国外の重賞制覇を達成したほか、
日本国内でも東京優駿(日本ダービー)を勝利するなど活躍した。
のちにインドに寄贈され、当地で生涯を閉じた。
1957年啓衆社賞年度代表馬、1984年顕彰馬に選出。

競走生活を引退後のハクチカラは、日本に帰国して種牡馬に
なったが活躍馬には恵まれず、1968年にインドに寄贈、
再1979年に老衰のため26歳で死亡した。

ハクチカラの血を引く馬は現在は日本のサラブレッドには
残っておらず、岩手競馬で活躍したダンディキングの母ミスハクギン
(アングロアラブ)くらいしか現存していない←ココ


・・・ってことはミスギンレイもハクチカラの血を引いてます。
ってかミスハクギンの産駒で牝馬でソコソコ成績をあげて
いるのは今のとこミスギンレイのみ。
ってことはミスギンレイを繁殖にあげないと、顕彰馬である
ハクチカラの血統が途絶えてしまう???

調べてみるとnetkeiba上では、ハクチカラの血を引いていて
現役なのはミスハクギンの子供たちだけ。
ここ数年で繁殖にあがった馬もいないようなので正しい記述
みたいです。

かと言って自分に子分けする財力もないしな・・・
数年内に頭数を減らして縮小均衡させるってのも
考えないといけないかもしれません。
[PR]

by pipisukekun | 2011-10-25 00:01 | 馬主
<< 競走馬購入する時思うこと 今週はホッコーマドンナ、ミスギンレイ >>