サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今回の荒尾の廃止に思うこと2
なんで廃止することになったのか、どうやったら廃止を
逃れる(遅らせる)ことができたのか・・・イロイロと
考えることはあります。

でもそれより今自分が考えているのは、地方競馬は
これからどうなっていくのか、どうやったら存続して
いけるのかということです。

今やネットや場外で馬券が買える時代。
でも一日に5場で競馬をやっていて、それを全部買うのは
不可能ですから、コンテンツを無駄にしているのは
間違いありません。

地方競馬全体で考えて、毎日どこかで2~3場で競馬が
行われていて、それを全部の場外で購入することが
できる体制をつくる。
簡単ではないですが、これが現実的かつ最善の策では
ないかと考えてます。

月曜:南関東、岩手、金沢
火曜:南関東、園田、金沢
水曜:南関東、園田、道営
木曜:南関東、園田、道営
金曜:南関東、名古屋、道営
土曜:名古屋、佐賀、岩手
日曜:名古屋、佐賀、岩手

これでだいたい春~秋に3場、冬は2場開催。
自場が休みの時は開催している他場を懸命に売れば、収支は
合わせられるんじゃないかと思います。

売上の多い南関東、園田、馬産地に近い道営、岩手、佐賀
を優先して残して、あとは収支状況から見てここでは金沢、
名古屋を残すことにしてますが、別に他の競馬場をつぶす
べきと言っているわけではありません。

ここで言いたいのは、上記のような販売体制をつくらないと、
生き残れないのではないかなということ。

愛馬の行く末を考えると、地方競馬全体で真剣に生き残る
道を模索してもらいたいと願うばかりです。
[PR]

by pipisukekun | 2011-09-07 23:59 | 馬主
<< 土曜日に久々佐賀で走ります 今回の荒尾の廃止に思うこと1 >>