サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
佐賀競馬なかなか厳しいみたいです
西岡先生とお話していたんですが、某騎手が辞めてしまうそう。
最近佐賀の騎手が辞めてしまうケースが多く、これを見ると
危険な職業なのに収入が見合っていないということなんでしょう。

でも厳しいのは騎手だけでなく、調教師さんや厩務員さんも同じ。
そんでもって・・・馬主経済も厳しいです。

なんでも10月から賞金や手当を下げるべく話し合いしてるみたい。
何度も言ってるんですが期中での、しかもこの時期での賞金や
出走手当の削減には反対です。

今の状況を簡単に言えば・・・

3月
組合「今年度はこんくらい馬券売れると思うから賞金と出走手当は
このくらいに設定しても赤字になんないよね」

4月~
馬主「このくらい賞金と出走手当があるなら、馬を買って輸送費を
払って馬を佐賀に持っていこう!」

8月
組合(売上が思ったより上がらないけど、今賞金とか出走手当を
下げると、中央の未勝利の馬を入れてもらえなくなるから、未勝利
の馬が入った後の10月くらいから下げるか・・・)

9月
組合(そろそろイイかな?)「10月から賞金と出走手当下げます」
馬主「下がるんなら中央未勝利の馬を買って持っていかなかった
のに・・・それはないよ・・・」←今ココ

要するに期中の(しかも10月からの)賞金と出走手当の削減は
自分たちの売上予測の甘さ、予算の組み方の甘さをを棚に上げて、
馬主を欺いてるとしか思えないんですよね。

岩手はこれを馬主に対する説明や事前の通知もなしにするから
信用していないわけですが、今回の対応次第では佐賀も信用
できなくなってしまいます。

まずは組合が予測の甘さを認めた上で、組合の中での経費削減
(人件費削減)をもっと徹底し、その上で馬主にお願いするって
スタンスでなければ納得できるわけがありません。

仮にそれで納得できたとしても・・・これ以上賞金や出走手当が
下がったら馬を維持するのも難しいですから、新しく馬を買って
持って行くことはできないですし、佐賀から他の競馬場への
移籍も考えないといけないですね。

そうならないことを祈ってます。
[PR]

by pipisukekun | 2010-09-13 00:01 | 馬主
<< ミスギンレイ南関挑戦してみます アランフェス8着ですが仕方なし >>