サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
原因は?ラヴは初めて馬券外
最終レースでラヴリーゲストが走って2番人気4着でした。
購入して佐賀に来てからここまで12-4-1-0の成績でしたが、
初めて4着以下になって馬券圏内を外してしまいました。

原因はいくつかあると思っていますが、レース後に西岡先生
と話したことをまとめると・・・

①追い切りパターンの変更
普通は木曜日に追い切りするんですけど、ラヴリーゲスト、
マイネルポポラーレ、アランフェスは少し早めに追い切りして
レースに臨むようにしています。

でも今回は全休、半休などの日程の関係から木曜日に
追い切りをせざるを得なくなりました。
この追い切りパターンの変更で、余り睡眠が取れないなど
精神的に、肉体的に影響があったみたいです。

②調教の変更
レースでの騎乗だけでなく、調教も鮫島騎手に乗ってもらって
いましたが、今は山下貴騎手に乗ってもらっています。
西岡先生が調教を見たところ、丁寧の乗ってくれているけれど、
鮫島騎手よりも少し調教が軽いとのこと。
(なので馬体重は+4kgでした)

でも決して山下貴騎手を責めてるわけではありません。
鮫島騎手は半年以上乗ってくれた上で「この位の強さがベスト」
ってのを見つけてくれていたわけで、それをいきなり最初から
望むのは無理な話です。

強すぎると馬が崩れてしまいますから、多少軽くても丁寧に
乗ってくれている山下貴騎手には感謝感謝。
これから山下貴騎手が考えてどう調整してくれるか?
どれだけ早くピントを合わせてくれるか?見てみたいです。

③乗り替わり
表面的には鮫島騎手→山下貴騎手の乗り替わりってのが
一番目に付きますが、自分も西岡先生も「調教がキッチリ
できていれば誰が乗っても大丈夫」って考え方。
なのでこの影響はそんな大きくないと考えてます。

ただラヴリーゲストの場合、結構ズブいところがあります。
アランフェスのように前向きな馬の場合はイイんですが、
マイネルポポラーレ、ラヴリーゲストのようにズブい馬の
場合は「ここで行きたい」って時に動かないことがあって
他の馬よりテン乗りは難しかったかなと。

他にももちろんイロイロあるんでしょうけど、西岡先生と
話していたのはこんなとこ。
次にどう修正していくか楽しみに待ちたいと思います。
[PR]

by pipisukekun | 2010-07-10 23:59 | 馬主
<< 財政とロックの調子はどうですか? 月曜日テツはやっぱりお休みです >>