サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新しく仲間が1頭増えました
約半年ぶりに新しい仲間が1頭増えました。

馬名:サンドクリーク
父:パラダイスクリーク
母:サンドシャーディー(母父:シャーディー)
8歳、セン馬、栗毛
中央成績2-0-1-21、賞金2785万円
地方成績17-6-5-21、賞金452万円

2年半前にピークで14頭いた愛馬もとうとう6頭。
そんなこんなでもう1頭くらい・・・と思っていたところに声が
かかったのがサンドクリークです。

園田でデビューして認定勝ち。
中央に移籍して芝の短距離レース中心に使われて2勝。
福山に移籍するもA級で走って入着止まり。
その後高知に移籍して下から走って16勝して現在A級。

話が来たときにまず考えたのが、どこの競馬場なら一番
有利な条件で走ることができるのか?
若馬の場合、その馬自身がどれくらい変われるか?を
考えますが、古馬の場合は条件が一番大事ですから。

賞金カットの制度がない福山、名古屋とかは上から。
直近20走の賞金で決める岩手でもソコソコ上になります。
一番有利そうなのは・・・佐賀。

昨年度まで8歳馬の転入条件に「5歳以上の賞金が・・・」
があって入れなかったのですが、今年度から入厩が可能に。
で、8歳馬の場合は4歳までの賞金+100万円がカット
になるハズですから、持ち賞金は122万円になってC1
クラスから走れるハズです。

ってことで佐賀の西岡厩舎に入れさせてもらいました。

ネックはセン馬になってることでもわかるように気性面。
西岡厩舎の厩務員さんでは調教するのが難しいみたいで、
昨日から倉富騎手が調教しくれてるみたい。

長距離輸送でガレてるみたいですし、飼い葉の食いも
イマイチみたいですから本調子に戻るにはある程度時間
がかかるかもですが、他ならA級の馬がC級で走れるワケ
ですから佐賀デビューを楽しみに待ちたいと思います。
[PR]

by pipisukekun | 2010-05-24 00:01 | 馬主
<< 日韓戦、寝ながら見ていて思ったこと ラヴくんは2着惨敗、次期待 >>