サラリーマンなのに地方競馬の馬主になった♂の日記
by pipisukekun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポポちゃんが佐賀に来てからはや3年
マイネルポポラーレの佐賀初戦が平成17年11月12日
ですから、3年が経ちました。

中央未勝利、賞金ゼロのポポちゃんをで買わせてもらった
のが平成17年の春。
馬主資格を取ってはじめて買わせてもらった馬ですから、
購入を決めた時に相当迷ったのを今でも覚えています。

園田で馬主初勝利をプレゼントしてくれたものの、頭打ち
になったので佐賀に移籍させたわけですが、その時には
正直ここまで走ってくれるとは思っていませんでした。

そんなずっと連勝するわけではないですけど、西岡厩舎の
ハードトレーニングに耐えて、課題を一つ一つクリアして
くれてとうとうA級・・・

しかもこの3年間一度も休養にあがらず、それどころか
(記憶に間違いなければ)1開催も休まず出走してくれて
いるんですからホント孝行息子です。

足元がスゴク丈夫、飼い葉の食いがイイ、神経が図太くて
周りに人がいてもズッと寝てる・・・そういう条件が整って
いたこともありますけど、厩舎スタッフのみなさんをはじめ
ポポに関わってくれたすべての人のおかげですので、
本当に感謝感謝ですね。


自分のような弱小馬主が買える馬ってのは、どこかが
悪かったり、弱かったりするわけです。

「どっか悪いから佐賀に来る、そうじゃなきゃ賞金の
低い佐賀なんかに来るわけなかもん」
これは佐賀の西岡先生の言葉ですけど現実です。

どこも悪くなくてイイ馬なら、中央の厩舎が出さないで
しょうし、中央時代の馬主さんが地方で走らせるって
選択肢もあるのに売りに出てるてのは「何かある」って
考えるのが普通。

それでも信頼できるバクロさんから、なるべくイイ馬を
紹介してもらって、悪いところや弱いところをスタッフの
みなさんに修正してもらいながら馬主させてもらっている
わけで、本当に自分は人間関係に恵まれているなと
改めて思います。

逆に言えば「どこに持っていっても勝てる馬」ってのを
持ってくるほど財力もなければ、相馬眼もないわけで、
本当に申し訳ない・・・


オリオンザクロノスが放牧休養って話を聞きましたが、
自分みたいな弱小馬主にとって愛馬の放牧休養は
馬主経済的に命取りになりかねません。
これからもなるべく丈夫な馬を探してもらいますか・・・

クロノスは西岡先生が「本馬場で追いきりができれば
(できるぐらい足元が固まってよ良くなれば)ワンパク
にも負けないくらいのチカラがある」と言っていた馬。
ゆっくり休んで、また復帰して欲しいです。
[PR]

by pipisukekun | 2008-11-15 23:59 | 馬主
<< ハルパーはまったく良くなる気配なし 日曜日、ダイワハルパー走ります >>